ニュージーランドでの生活

クライストチャーチ(南極に行く船が最後に給油する地、ニュージーランド)に永住。 日常を書く

Ceroc (セロックと言うダンス)

私が セロックと言うダンスに出会ったのは もう 8年ぐらい前である。
Kiwi Houseのイギリス人のお客さんで ダンスを習いたいの! と言っていた 女の子がいた。

その子もイギリスから 来たばかりでクライストチャーチのダンス事情は知らなかったけれど 最初から Cerocは面白い! というのだ!

もうチャレンジするっきゃ〜ない!

しかし 私は その頃 歳が47歳・・・。 オマケに ダンスのダの字もやった事がない・・・。

子供の頃 学校でフォークダンスをさせられた以外やった事がなかったのだ! でも どうして そんな私が ダンスなんぞをしたい! と思ったか?! と言うと やっぱ 欧米諸国では ダンスってのは 日常に行われていて ”私はダンスができません” って言うのは 日常の一般の人に付いて行ってないって 言う感もあったのだ・・・。

欧米諸国の高校の頃と言うのは 社交ダンスのパーティーってのが今でもある! でも 今はもう 大分感じが違って来ている。

服装だけは 社交ダンス的 イブニングドレスに燕尾服はそのままで・・・ しかし ダンス音楽は 今風の煩い音楽に合わせて パブでそれぞれに踊るって言う若者スタイルになっている。

それでも それは ホンノ最近の事で 我々の年代の欧米人は殆どちゃんと基本的な社交ダンスは高校までに教育されているので 凄い!

結婚式で 普通にワルツとか おっちゃん おばちゃんが踊れるのである!

話が反れた・・・。
セロック・ダンスに話を戻そう。

↓の写真は セロック・ダンス クラスで催すパーティーの写真



↓も セロック・ダンス クラスで催すパーティーの写真
よくみると 男の人がタキシードを着てるが 女の子はミニ。 で 向こうに見える人達は ジーンズにTシャツって人もいる。
日本では 服装がバラバラってのは ありえない! 
みんな 人と違う事を 異常に恐れるから・・・。



最初私が セロックを始めた頃は 簡単なダンスであるにも 結構戸惑った。
だって 決まった ステップなし!
音楽は何でもOK!
先生が教えた通りに踊らなくても我流OK!
それって ダンスクラスで あり!?
といつも思った・・・。
チョット 混乱した時もシバシバ。
先生が指導した通りにリードしない男に腹を立てたのもシバシバ。

しかし! 
Cerocと言うダンスは 厳しい決まり・規則はないのだ!

まだ Cerocの歴史は浅く 20年ぐらい前に 最初にフランスで始められた。
社交ダンスと言う物は 今の時代では 社交目的で使われる事はない!
もう 社交ダンスは 古い時代の物となる・・・ ってんで 誰かが発明したのが Ceroc.
Cerocは 何処でも踊れる。 人が集れば 音楽があれば どんな音楽だって 合う。

だから ナイトクラブ・パブ ダンスフロアーがあって ワッサカと若者が踊っている所で 踊るのが Ceroc. 

でも Cerocは パートナーダンスなのである! でも! 社交ダンスではない! でも 社交的にいつでも 何処でも 人が集れば踊れるダンスなのだ!

そして レベルの幅は物凄くある!

初回のクラスから 汗がでて リズムに乗って パーティー気分になれるのが Cerocダンスの醍醐味!

今 私は8年も チンタラではあるけど 続けている。 しかし レベルは 中級までも行ってないと思う。 多分初級の上ぐらいのレベルだけど 楽しい!

上級クラスのダンサーは 空恐ろしい程ステキなダンスを踊るのだ! 見てて うっとりするぐらい すばらしい!

↓は上級クラスの先生のダンス
ダニーデンのCerocの先生




↓はウェリングトンの先生



↓は クライストチャーチのクラス風景
とりあえず 年代関係なし! 服装関係なし! 靴なんでもOK! リズム音痴OK!



ここ数年になって やっと気が付いた事が ある!

最初なぜ 日本には Cerocが上陸しないのだろう!
とおもっていた。 

ヨーロッパでもアメリカでも 世界中に今は 急激に広がり 何処に行っても 見知らぬ人と出会って すぐその人と踊れるってのが Ceroc(Cerocを少しでもかじっていれば)。

でも 日本には何年たっても 上陸しない! ネットで探しても 日本の電話帳をくまなく探しても ない!

それで 思ったのだ・・・。

日本人には 規則のない 決まりのない ダンスというのは 受け入れられないのだ! と言うのに気が付いた。

日本人の気質は 自分の想像の元に創作すると言うのがとても苦手だ。 決まったステップとか 細かい決まりに添って 習うのには 物凄く長けているが 自分流の完感性を出すと言うのは 難しいのだと思う。

オマケに日本人の先生は何をどうして教えてあげたらいいのかわからないのかも知れない・・・。

日本と言う国は 何でもある国! とおもっていたが Cerocだけは 上陸しないのだろうか・・・?


↓は クライストチャーチのCerocクラスのサイトです。 よかったら 一緒に汗を流しましょう!
http://www.cerocchch.com/index.html

 
  1. 2007/02/26(月) 10:09:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

フューシャ

私はニュージーランドに来て この世にフューシャと言う花があるのを知る! 属名”バレリーナ”と呼ばれているらしい・・・。

ホントに花の形が バレリーナに見えるのだ!





このフューシャは ニュージーランドの気候に合っているのか… 物凄く成長がいい! そして強い! 

枝を切って 刺し伎にしたら殆ど根付く(素人でもOK!) それで Kiwi Houseに沢山フューシャの子供を増やした!
移植だってOK! どんなに手荒にやっても ちゃんと根付いてくれる! オマケにきれいな花とあって 私の大大好きな花なのである。

2種類のフューシャ(チッコイ花とでっかい花)のブッシュが 今我が家の裏でトンネルを作る勢いで咲き誇っている!



剪定しないと そのトンネルも閉ざされてしまう勢いである!☆



  1. 2007/02/22(木) 09:01:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

うちの嫁




うちの嫁は 6畳一間に息子と住んでいる。 キッチンもなければ 風呂もない。 LDKとやらのしゃれたのもない。

風呂は Kiwi Houseのみんなが使っていないのを見計らって お風呂屋さんに行く気分で行く。

で 姑(私)の家に来て 今日はお風呂を貰った。 で 30歳にもなる夫(私の息子)が漫画を見る横で 久しぶりの風呂をもらって 幸せそうである☆ 

彼女は何が幸せであるかを知っている人である。
  1. 2007/02/22(木) 08:45:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ