ニュージーランドでの生活

クライストチャーチ(南極に行く船が最後に給油する地、ニュージーランド)に永住。 日常を書く

Skypecast Room スカイプキャスト



https://skypecasts.skype.com/skypecasts/all?setlang=en

半年ぐらい前だろうか・・? スカイプをいれた。 そこに スカイプキャスト部屋って言うのがあるのを発見!

最初はどんなもんだろうか・?? と 興味津々にやってみる。 ま〜 Yahooとか MSNのチャットルームみたいなもんだけど・・・ スカイプの中心は声のチャットになる。

もちろん そこではTextチャット つまり 文字でのチャットも 同時進行可能!

でだ! 殆どの日本人は 日本語版キャスト部屋での動きをしているが・・・ 英語版キャスト部屋での動きは かなりおもろい!

と言うのも 英語版キャスト部屋で 自分がホストになり部屋を建てると 自分の意向にあった部屋が建てられ そこには 自分の意向にあった人間がやって来る!

英語版だから 全員英語圏の人間が集る。 でも! 英語を練習したいヤカラも結構集る!

と言うのも 私の部屋を建てる時の 部屋名が "English and Japanese language"
と言うのにするからだ・・・。

で そこに集る人間層は

★英語圏の人間で日本語を勉強したい人(これが 主な人間)

★日本人で英語を学びたい人

★英語圏ではない人で 英語を学びたい人(韓国人・中国人が多い)

★英語圏ではない人で 日本語を学びたい人(これも 韓国人とか中国人もいるが ヨーロッパ系の人も結構いる)

そんな連中が集ると ホストとして 英語に詰まれば 日本語でもいける訳だから 日本語の力ってのが 俄然! 強くなる!

というのも 普通の英語版キャスト部屋は どうしても 英語がかなりのスピードで話せないと会話は成立しないのだが なんせ こっちは 日本語が母国語 って事で ややこしいと 日本語で まくし立てると 日本語を勉強している 奴等がシュン となって 静かになる・・・。

でだ!

何がいいたいか?! と言うと・・・ スカイプのキャスト部屋を始めて 

★世界の思っている 日本人感

★日本はどんな国か? とか

★日本女性は?

ま〜 色々な事が わかって来る。

客観的に日本を見ている人間の意見とかが聞けるのだ。

↑に挙げた事を 直接質問にして聞いた訳ではない・・・ 何ヶ月もかかって 何百人ともの 日本人以外の人間と話して わかった事 ビックリした事 気がついた事が テンコモリにある!

★日本人は 黒人が嫌い! と言う 黒人が建てた部屋があった! で その部屋に入ったら 私は ”うん・・・ うん・・・!” と 納得が行くくらい なるほど 日本人は黒人を見下げている事を痛感! 

★日本人自体 有色人種であるにもかかわらず 自分は白人の仲間であって 黒人とは別人であると言う認識を持つ日本人の なんと! 多い事か!

★日本人は 立派な有色人種であり 絶対に白人とは違う!

★白人は 中国人でも タイジンでも インドネシア人でも 日本人でも 全く同じシロモノであると言う感を 殆どの白人が持っている!

★白人の間で アジアの人種は感情も無く 何も感じないから 何を言ってもいいのだ! と言う人間すら 出会った! つまり 自分の意思表示が全然出来てない イコール感情がない! 理解力が無い! と見られる・・・。(ま〜それまで行くと 極論ではあるが・・・ そう言うヤカラが存在するのは 確か!)

★中国人とか韓国人の中には 日本語を物すごく勉強して 日本に住みたいとあこがれている人間のなんと! 多い事か!

つまり 日本人が アメリカとか 欧米の国のあこがれると同じ現象がある。

★で そのキャスト部屋での 日本人の態度が面白い。
部屋で通常スピード会話の英語が飛び交っていると 殆どの日本人は 会話中に入ってこない! 

私が入って来て〜! と言っても 傍聴中でジト〜ットしている。

で 入って来ても 英語圏の人間にへつらった事しか言わない・・・。 はっきりと自分の意見を言う人間を 見た事がない。

★日本人は自己確立が出来てないので(自己確立をする習慣がまずない・・・ 自己確立の前に 家族に巻かれて 社会にまかれて 協調性を出す事を美徳とする) 自分の意見という物を持たない。

★日本人は 英語圏の人間と論議を戦わせる事は絶対しない!

★キャスト部屋でウロついている 日本人以外の人間は 日本愛好家である人は少ないので キッパリ! と自分の日本人感 日本国感を言う! という事は 常に 
”日本人はすばらしい!” とか ”日本人は親切” とかは 絶対言わない。

★日本の事をボロクソに言う人間も多々ある!

★日本人女はチョロイ すぐやらせてくれる という 白人男に キャスト部屋でゴマンと会った・・・・(前回の私のブログ参照)

★他にも 物すごい色んな人間に会った・・・ 多岐に渡った論議を繰り広げ 多種の人種の意見も聞いた。

★スカイプで 私が友達になった人達は 今英語圏に住んで英語圏の中にドップリつかり 英語を現地の人間と同じく操り・・・ なお且つ100%日本人である人達が一番 近しく感じたのは なぜだろう・・・?

スカイプキャスト部屋は 私に 膨大な興味深い物を提供してくれる 大きな情報源であるのは 間違いないような・・・!☆
  1. 2007/12/31(月) 09:49:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アジアの女


アジアの女からの連想語

★安くで買える(つまり娼婦として使える)

★安くで使える(つまり 女中として使える)

そんな風に思う様になったのは 自分が日本を1歩出てからだ・・・。

35年前 最初にわたしが 日本を脱出して 自分が ”アジアの女”になった。

日本に自分がいる時は 全員が 同じアジアの女だから 他の人間との区別はない・・・。

自分の周りに 白人がいる状態になった時、 自分が 他のアジアの女と同じ立場に立たされた時に 身に染みて 自分が ”アジアの女”なんだと 身に染みて 感じた・・・。

欧米の社会に自分の身を置けば 自分は ”日本人”だ〜・・・!! って 精一杯叫んだとて ”日本人”の女と フィリピンの女と タイ人の女と どう変わるか・・?

そう 変わりはない・・・。

高級ホテルに泊まって ブランド品で 身を固めて ツアーの観光旅行しか行かない 日本人女であれば それは ま〜 私の今言ってる“アジアの女”とは 全く別の世界に居る人間だから それは 区別は出来る・・・。

しかし!

私の様に 殆ど金がなく 毎日 Londonの街を バイトで食いつなぎながら ウロウロしていたら 底辺の仕事をする ”アジアの女”で ある事は どう見ても間違いない・・・。

現に 他の”アジアの女”のする お掃除の仕事とかを 彼女等の中に入って 働いていた・・・。

だから 余計 白人が ”アジアの女”を どう扱うかを私は 身を持って体験した。


つい 数年前 クライストチャーチ空港で起こった事を1つご紹介します・・・。

夫(白人・背が高い・・・ つまり 威圧感万点)と一緒に ほんの1週間ばかり オーストラリアに行って来て ニュージーランドのクライストチャーチ空港に帰ってきた。

前を歩いていた 夫は 難なく イミグレーション(移民局)を通過して向こう側に行ってしまった。 

で 私が イミグレに差し掛かったら 突然! 「お前は どの位長く オーストラリアに不法滞在していたんだ〜!」 と 怒鳴られる・・・。

私は 何がなんだか さっぱりわからない・・・。 「前に行った 夫と同じく ほんの1週間だけだけど・・?」 って 言っても 移民管は 私に対して 聞く耳を持たず・・・。

「お前が ニュージーランドを出国した記録はここには ない! って事は 何年もオーストラリアに不法滞在してたんだろう!!」 って 怒るばかり・・・。

私が ほんの1週間前に 夫と二人でニュージーランドを出国したばかり・・・ と言ってるのに・・・。

”問答無用!!” とばかりに 私は 別部屋に監禁される・・・。

別部屋には 他に5・6人の人間が監禁されている・・・。 全部汚い・・・ チョット臭うような人間ばかり・・・。 で 驚く事に全員 有色人種。

どう見ても 不法侵入 不法滞在 とかと関係ありそうな 極悪人面をしている。 

で あらためて 自分の様を振り返れば 他の人間と全く同じく な〜んか 汚く・くたびれて・・・(夫の母親が死にそうになっていたので それで駆けつけた旅行だったので・・・取る物もとわず 駆けつけた旅行で 疲労困憊の状態・・・)。

それに比べて 夫は 私より臭くて 汚いのに・・・ 見かけは やっぱ 清潔感溢れ 知的な雰囲気も溢れ ドウドウとした態度は 高レベルの人間をかもし出している・・・。

われ等移民管に監禁された人間達には ドダイ存在しないシロ物である・・・。

つまり ”アジアの女”には 清潔感も無ければ 知的さなんで 無尽もない・・・。 そんな物はドダイ存在しないのである。

もちろん 高貴な雰囲気をかもし出す ”アジアの女”も沢山この世の中には居るだろう・・・。

しかし それは 最初から バックグラウンドに(高貴な出とか おお金持ちの出とか・・・) そう言う物を最初から後ろに従えている。 そう言うヤカラのアジアの女は 大丈夫だが・・・。

普通の アジアの女は 1つ間違えると すぐ 売り飛ばされそうになるのは 確かのようだ・・・。

35年前の私は そんな危険がムンムンしていた・・・。 汚かったし・・・若かったし・・・。

でも 35年後のアジアの女は 汚いだけなので・・・ 移民管に”ゴミ”と見られて ややこしくなるだけだな〜・・・・。
  1. 2007/12/30(日) 09:06:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

めぐる めくる 毎年の 花々

いつも 同じ場所に 同じように 葉が伸び花が咲くのだけれど・・・ 毎年勢いを増し・・この生命力は止む事なく 永遠に続きそうな気がする。





↓今年の冬はKiwi Houseの隣に大きくそびえていた木々を何本も切り倒した。
Kiwi Houseを建築した時以来 ずっと 太陽をさえぎっていた 木々だった。
切り倒したトタン! まるで 神々がKiwi Houseを照らすが如く 太陽が照りだした・・・。

寒い中 木々の枝をチェーンソーで切り落とした物が 今度の冬の暖房になると思う・・・。

すでに バーベキュウの薪にも なっているのだ・・・☆





↓先日 私は 木の切り株を1つ持って来て そこに腰を下ろして 日向ぼっこをした。

紫の花・白い花 どちらも 花の種が飛び散り 石の隙間に入り成長した物。
植物の生命力は 衰える事なく ドンドンはびこって行く・・・。






↓手前の黄色い花は なんと! 春菊! あの 鍋物をする時 サッとお湯にくぐらせて 食べるととても香り高い野菜です。

昨年 密輸した春菊の種を 苗床を作って 植付け 小さな苗に育ってから 庭に植えました。

沢山の収穫があったのですが・・・ そのまま 放置した後に 種が散らばったのかな・・? 今年は ヒョロヒョロの春菊の苗が 出たかな・・? と思ってたら きれいな 黄色い花が 咲きました!

向こうの方に下がっている 赤い花のハンギングは ほんの少し前は 情けなく伸びきった茎がダレダレになってたのを 私が ツンツンに切って 置いてたら そこから 葉っぱの芽がビッシリ出て来て・・・ あれよあれよと言うまに 葉っぱがビッシリ・・・!

数日の内に 気が付くと 花の蕾でビッシリ! この写真は チラホラの花が開いてますが・・ 今は 花が咲き誇って 真っ赤に染まっています!☆




↓あっちも こっちも チョコチョコと無計画に やたら 多年生植物を植えつづけて 約10年! 

種で散らばる物も沢山あって・・・ 年年増えるばかり・・・。

気のせいか 花ははびこるけど・・・ 雑草は 年々少なくなって行くような・・・。

この我家の庭で 増えつづけている お花の子供達は 沢山 Main Kiwi House (373 Gloucester street)と Small Kiwi House (357 Hereford Street)で 育って行ってます!

Main Kiwi House (373 Gloucester street)の花歴史は まだまだ 2年ぐらいなので・・・ ここまで はびこるのは あと 5年ぐらいかかるかな・・?

Small Kiwi House (357 Hereford Street)は 今年大工事で殆どのお花を移動させてしまったので 又 最初からやり直し・・・。

と 言う事で 又 我家からの花の子供達を移植する作業が 忙しくなりそう・・・。





↓我家の庭に合う様に 作って貰った バラのアーチ・・。 白のバラの花が沢山付きました! 


向こうの青空が スコーンの抜けて 気持ちがいいです!

垂れ下がってきているのが Silk Tree(ネムの木)の葉っぱです。 今 ヨウヤク 少しづつ葉っぱの芽が伸びて来ています・・・・。





↓ ピンクのオダマキの花が 気がフレタように 沢山伸びて来て Foot Passをさえぎって来て います。






↓我家の家の中から 冬の間は すごい見通しが良かったけれど・・ 花々がコンモリしてきて もうすぐ 視野をさえぎる勢いです・・・・。





↓向こうの木々は 全部白樺。 殆ど毎年 植木屋さんに来て貰って 思い切り切って貰うのだけど・・・。

切ってもらった時は なんだか かなりの寸詰まりになって カッコも悪くなるんだけれど・・ こうやって 葉っぱが ビッシリついてしまうと 又もや デカイ木々になってしまいます。

恐ろしい程の生命力です。

手前に伸びて来ている 明るい色の緑のツルは キウィ・フルーツです。
今年も 沢山の果実をつける事でしょう!






↓今年も沢山実をならしている グスベリー!
実が 少し柔らかくなって来たら トゲトゲに いたたたた・・・! といいつつ 実をもぎって 食べるのが 毎年の行事・・・。

このグスベリーの木から 分かれた 赤ちゃん苗を Kiwi Houseにも沢山植えました・・・。 でも あっちのは まだまだ 果実もつけていないのは なぜ! 木事態は 結構いいサイズになっているのに・・・?






↓この花の名前は しらない・・・。

とてもきれいな花で 私の大好き! な 花だ。 お花屋さんでも ちゃんと沢山の苗を売っているって事は 人気の花には違いないのだろう・・・。

でも 我家では 毎年 物すごい勢いで 種が散らばって その内 この花だけで 埋め尽くされるかも・・? と言う程である。

この花が咲き出すと・・・ 16歳で死んだ 犬のHolly(ラブラドール)を思い出して・・ 泣きそうになる・・・。

この花が咲く時期は 私の庭に頻繁に出て 庭仕事をしたりするので その時 必ず Hollyは 私の周りを ぐるぐる回って はしゃいでいたのだ・・・。



  1. 2007/12/08(土) 08:04:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
次のページ