ニュージーランドでの生活

クライストチャーチ(南極に行く船が最後に給油する地、ニュージーランド)に永住。 日常を書く

だらだらキャンプ


↓山のふもとの小さな町の 小さな列車 ってか ここは蒸気機関車も走るのだ・・(観光目的だけど・・・)
しかし! かわゆい! 汽車なのだ☆




↓小さな町から ドンドン山に上がって キャンプ場へ!
ひそかに咲く花が うつくし〜・・・




キャンプ場と言っても DOC管理地区なので・・・何もない!
 http://www.doc.govt.nz/
取り合えず 渓流から引いて来た水がタンクに溜められその下に蛇口がある・・・が 一つだけ。 それ以外は自分で 川に行って水を確保する。

↓わたしと夫の2週間寝泊りしたテント


朝明るくなると・・テントの中が強烈にまばゆくなり 暑くなるので・・・日の出と共に叩き起される形になる・・・。

そこで 私は考えた! 近くにあるコンモリした木々の中は 常にクーラーが効いているように 涼しく薄暗い!
で! 膝を叩いて!「この中にテントを張れば?!」 「よ〜〜し! 24時間ひんやり 夜の雰囲気!」

これで 我々は 1日睡眠12時間と言う毎日が過ごせたのだ〜〜〜 むふぁ っは っは っは〜!

それに そこは まるで山奥の 誰もいない秘密の楽園ってな具合な所なのだ! 人は 殆どこない・・ たま〜に来ても 遠く離れた所に 1泊したな・・・ と思えば 次の日には もういない・・・。

かまどもあるので デカ鍋でグラグラとタップリの湯をわかせる。 これで 料理も 洗濯も 食器洗いも 何でもこなす!

暑い日中は すぐそばの渓流に下りれば ウッソウと茂った木々の中は ひんやり冷気がながれて・・・ 漬けた足が痛くなるほど 冷たい水!

かまどの火に必要な朽ちた木々はいくらでも 山の中にある。
夫と二人で 闇雲に薪作り! 夫はいつの間に 自宅から斧持参。

↓ふ〜! これで 今年の冬は越せるな! と思う程の薪の山




近くの川で体を洗うのは 拷問に近い! 
やっぱ ドラム缶風呂がほし〜! と 思っても ある訳がない・・・。

で 考えた・・・ 仕方がないので でっかい行水でもできるプラスティックの容器でもさがすか〜! と 山を下りて 町に出かけた・・・ が・・ない・・・。

ガックリしつつ あんてぃ〜くCafeにはいり・・・茶をすすっていると・・・ Cafeのオーナー Stevenが 我々の行水プラスティック容器ゲット作戦失敗の話を聞いて・・・「ちょっと 裏に回れ・・」 と言う・・・。

裏に回れば あんてぃ〜く行水桶があるではないか〜!!
「絶対忘れないで・・・ 返せよ〜!」 「うん!! ぜぇ〜〜ったい 返す!」
の堅い約束の元に げっと〜〜〜! (有頂天の私☆)↓




↓デカ鍋で グラグラと湯を沸かし・・・行水鍋は 大活躍!


↑夫の体には小さすぎるが 私にはピッタシ!
山の冷える夜に ポッカポッカと体の芯まで温まる風呂は さいこ〜〜!
月をめでながらの 豪華絢爛風呂でありました☆


↓山の上の農場には 沢山の鹿 「あんた等 だれ〜〜〜・・・?」 ってな具合に我々を見つめてました・・・。


  1. 2009/01/16(金) 01:42:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

Cairns (オーストラリア北部 ケアンズ)

ケアンズは暑い! 
南半球は冬〜〜! と 言う時期に ブルブル震えながら 飛行機に乗って オーストラリアのケアンズに飛んだ・・・。!

真冬なのに あそこは さすが 赤道に近い! 暑いのだ〜〜!
体の細胞の一つ一つが溶けて・・ほぐれて行く感じ・・すごく いいかんじ☆

ケアンズから 北へ・・・北へ・・・ 車をぶっ飛ばして・・ 自然保護されている地区に侵入! そこにたった一つだけある Backpackers Hostel!

名前も”ジャングル・ビレッジ”であるように まさに ジャングルの中に掘っ立て小屋が点在している所だった。

↓シャワーに入って目の前にいた 激大バッタ!




野外で飯をくいつつ・・・キッチンのすぐ外に蜘蛛の巣が・・そこの巣の住人も激大!↓ 




↓けっこう美しい体! と言う訳で 裏に回って くもちゃんの腹も撮影




↓泊まったバックパッカーズの庭に何気に生えてるバナナの木には 沢山のバナナが・・・。




↓さすが赤道に近いだけあって お花も ニュージーランドとは全然違う!
南国のはな〜〜〜! の威力万点!




近くの川には いつも ”岸辺には近寄るな!” と言う看板。
つまり ワニが突然水の中から 襲うよ〜! と 言う意味。
ボートに乗って 野生のワニの住みかを訪ねるツワーに参加。
やっぱ その辺に ワニはいた・・・・。
水辺で のんびりなんかは しない方が安全であるのは確かのようだ・・・。↓


  1. 2009/01/16(金) 00:56:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1