ニュージーランドでの生活

クライストチャーチ(南極に行く船が最後に給油する地、ニュージーランド)に永住。 日常を書く

Rise Up Christchurch

http://www.facebook.com/riseupchristchurch

↑数日内に 6万人以上のサポーターが!!
グチャグチャ 言ってる間に みんな動いてます。

世界中が クライストチャーチをサポートしているのを聞いて うれしい!

覗いてみてください。

受身ではなく 能動的に!

みなさん 本当にありがとう!!!
  1. 2011/02/28(月) 07:45:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1


http://www4.rocketbbs.com/641/noriko.html

私のブログの代わりに これからは Kiwi House掲示板の方に 地震後の状況を書かせていただきます。



↓Kiwi House掲示板への今日の私の書き込みです。



本当にみなさんの 沢山の書き込み ありがとうございます。

Kiwi Houseみんなが大丈夫なら なぜにもっと困っている方々を救済しないのか? と言う コメントがありましたが・・。

こちらにいらっしゃらないので 多分 我々の状況がお解りにならないのだと思います。
22日の地震の日に ほとんどの人が Kiwi Houseを棄てて そして まるでこの大災害がKiwi Houseのせいかのように 罵倒して離れて行きました。

一人残らず 怒り 悲しみ パニック と地震災害と共に 精神的に異常な状態なのです。 この怒り 悲しみ どこにぶつけようもない精神的な物を どうコントロールするかが 今の 全員の状態ではないでしょうか・・?

日本では報道されてない情報 つまり 昨日から 今日にかけて ドンドン流されているのは 精魂尽き果てて来て そこから来る人間の怒り 怒りは エネルギーがあってこその怒りです。

怒りを通りすぎると 鬱の状態に入り込みます。 人と挨拶を交わす エネルギーはもちろん 人を見ると その人間が まるで自分の惨憺たる状態が その人間のせいでもあるかのように 被害妄想心理が働きます。

その域にナダレ込みがちの 心理を やっと やっと ギリギリの所で みんな 押し戻しているのです。

この掲示板の私の書き込みで 見てとれないでしょうか? お互いに 笑を交わすのでさえ 難しいこの状況です。

笑みを忘れず・・ 取り合えず 元気に挨拶して・・・ と 若いのに・・・ 健気に 一人ひとりが ギリギリの所で頑張っています。

クライストチャーチ内全部に 地震後 すぐ 外出禁止令が出ました。 非難が必要な人はすぐ非難を強制されました。

市長をはじめ 私の自室 Kiwi Houseみんなの自室は まだ 足の踏み場もないほど 物が重なり 物を避ける エネルギーも残っていません。

みんなが 大丈夫である為に 本当に健気に頑張っているのを 考えるだけで 涙が出ます。

外出禁止令の為 Kiwi Houseのすぐそこから 立ち入り禁止(Kiwi Houseは市中心のすぐ外側に当たる為)になっております。

猫の子一匹入る隙すらありません。 戦車すら出て 立ち入り禁止になっております。 セキュリティーの人間が 厳重に誰も入らないように 全員を Stopしています。

私の友人が 遺体収容所で仕事をしなければならない為 バイクで その立ち入りバリアーを通る時 まず身分証明書の提示 そして 仕事内容の証明書 そしてバイクの為 ヘルメットを外す等を まるで 軍隊のように 命令され・・・たとの事。

本当に まるで戦場の状況です。

一般市民は 今何をするか? と言うと トランジスタラジオから ジャンジャン流れるのは まず 動くな! 同居している人を助けてやってください。 

水が必要な人 食べ物が必要な人 寝場所が必要な人は 各ポイント ポイントがあって そのポイントに行ってください。 と ドンドン情報が流れています。

その情報をどうやってゲットするか? それも 同居している人で 動ける人が 隣近所に声をかけてやると言う方法しかありません。

最初のクライストチャーチの地震の際に身に染みて思ったのが まず情報です。 あなたのおっしゃるネットが使える訳がないのは 十分わかっています。

トランジスタラジオと 懐中電灯 Headトーチ(炭鉱等で使う感じの物 普通一般的には キャンプで使います)等を 全部単三電池に統一しました。

そして 単三電池をしこたま買い込んで 非常時に備えました。 何年も持つように 電池から漏電しない工夫をしました。

井戸が出る地域なので その辺も調べていました。 そして食料としては乾物(何キロもの米、 うどん パスタ類 ナッツ ドライフルーツ 等 等・・・)を 常備して下りました。

そして この国は ソルベーション・アーミーと言う救済事業団体が 災害時だけではなく 常に精力的に動いています。

彼等の供給する物は 食料 飲み水 寝床です。 その団体が 精力的に 多くの箇所で動いています。 

私等はその様な所で助けを貰える物でもないのに・・・ たまたま 通りかかったら ドンドン熱いソーセージをパンに載せて 私に渡してくれました。

午後3時過ぎにもなって 私も何も口に入れてなかったので そのソーセージと一切れのパンが 涙が出る程 おいしく感じました。

そして 飲み水を持って行けとしつこく 2本のボトルを手渡してくれました。 りんごも虫が食って 地面に落ちてしばらく経ったような物が 山積みにされていて・・・ 食え 食えって 言ってくれたので かじったら 物凄く甘く ジューシーで 久しぶりに口にする 果物で 幸せな気分になりました。

りんご 一個で十分だよ と言う私に 持ってけ 持ってけと スタッフの人が そそくさと スーパーの袋に 沢山いれてくれました。

Kiwi Houseで 精根尽き果てても 頑張っている人達のお土産として ありがたく 沢山のりんごを貰って来ました。

わたし達が出来る事は お互いを傷つけず お互いが精神的に 肉体的に平常を保つ それだけで精一杯です。ギリギリの所で頑張っています。

一触即発の状態であるのも間違いありません。 一つ間違えば Kiwi House全体が 地震災害の建物のようにガラガラと崩れ落ちます。

その中 本当に みなさんの励ましの言葉は 何にも変え難い 貴重が言葉です。

ほんの一言でも 黄金の言葉です。

本当に感謝以外の言葉もありません。

まだまだ 問題はこれからだと思っております。 日本のマスコミは どこを どういう風に報道しているのかわかりませんが・・・。

現地に居る われわれの状況や ローカルの人達の状況は どのくらい理解されているのか? と こちらで思う所もあります。

日本大使館から Kiwi Houseに たった一人の安全確認を3回も 4回もして来たり。 他にも沢山人がいるにもかかわらず なぜに一人の安全確認が 数回されるのでしょうか?

一回も安全確認されない人が ほとんどです。

マスメディアから ドンドン緊急時に使わなければならないKiwi Houseの電話を占領して 日本人の集まるKiwi Houseで 客リストを教えろと言う電話が入ってくるし。

私としては 「あんた! 何考えてるの?! コンピューターがない限り 客リスト提供できるはずはいでしょう?!」 

日本の方はネットで Kiwi Houseの事は全部わかるかもしれないけど こっちは 22日の地震以来 食う事と寝る事で生き残る事だけで 一瞬 一瞬を頑張っている時に こちらの都合も考えず 我先に現地の状況 日本人の安否の為だけに Kiwi Houseの客リストを 執拗に要求して来る。

こちらの気持ちも もう少しさっしてください! と 憤慨する思いだけでした。

私が NHKで話したのは 日本でこちらにいらしているご家族 友人達が 音信不通の状態でどんなに安否を気遣っているか・・ その辺の所がわかるので ジャンジャンなる電話で一々 我々のギリギリで頑張っているのを邪魔されたくなかったから 一括して インタビューに応えました。

マスメディアのほとんどは 我先に人が持っていない情報を得ようと言う気持ちがあるのは とても良くわかります。

でも なぜに 現地のサバイバル状況を配慮して 最低限のストレスレベルにしすると言う配慮はないのでしょうか?

なぜに 膨大な数の 日本のマスメディアが ドンドン連絡してくるのでしょうか? 一括してやっていただければ 本当にありがたいです。

同じ事を何回も何回も言うのは 本当に無駄であり 我々のストレスレベルは上がる一方です。

日本の方々が 安否を心配して いち早く 出来るだけの情報を得たいと言うのも十分に解ります。 しかし もう少し もう少し! 良い方法はないのでしょうか?

大使館から 同じ人の安否を 別のスタッフから 何回も問い合わせする 時間とエネルギーがあれば もうちょっと 合理的にして その時間とエネルギーを他にまわすように できないのか?と言う フラストレーションも感じました。

色々上げれば 切りがありません・・・。

これからの課題としては 覚醒してしまったこの精神 恐怖 疲労困憊の状況 これが ドンドン悪化して行く事です。

良くなることはないのです。 目の前には 毎日目覚めたら この変えがたい 大災害が忽然として 現実にぶら下がっているのです。

復旧には 何年かかるのか? この惨憺たる状況は いつまで 続くのか? 

通常に戻ると言う事はありえるのか? もう永久にないのではないのか? 悲しい傷跡が ぱっくりと開いたまま 死ぬまで引きずる事になるのではないか・・?

これも 考えると切りがありません。

その辺は やはり 現地に居る人間ではわからない事だと思います。

ここまで 愚痴る事は 避けたいと 思っておりましたが・・・ やはり これも 現実な情報と言う事で 甘えとは思いましたが 書かせて戴きました。

本当に 皆様の暖かい 一言 一言が 見に染みて ありがたく感じます。 重ね重ね 御礼申し上げます
  1. 2011/02/26(土) 07:48:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

Kiwi Houseのウェブサイトの掲示板にて〜〜 地震情報!!

http://www4.rocketbbs.com/641/noriko.html
↑がKiwi Houseウェブサイトの掲示板です。


↓ こちらで 全ての地震情報 ドンドンかきま〜〜す!
 http://www4.rocketbbs.com/641/noriko.html
  1. 2011/02/25(金) 07:52:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ