ニュージーランドでの生活

クライストチャーチ(南極に行く船が最後に給油する地、ニュージーランド)に永住。 日常を書く

ちょっと休憩


5月と言えば ニュージーランドでは 観光季節の狭間と言うのでしょうか・・? 全てが 森閑として この世の人々は どこへ行ってしまったのだろう・・・ と 思うほど人がいない。

という事は 私にとっては この国は ”天国”と化する。

道路あくまでも まっすぐ、 行き交う車はほとんどない。 道路の真ん中を居眠り運転したとしても あまり危険はない・・・・。 ま〜 私の行く所は ニュージーランドの中でも あまり人が居ない所だからかも・・?

夏はさすがに トランパー キャンパーの人達との出会いが多い。 スクール・ホリデー時期となると 山とは言え 家族連れが多く 私としては ニュージーランドの最悪の時期と言えよう。

つまり! 5月は 観光客はほぼゼロ 枯葉もスッカリ木から落ち 丸裸の木々が立ち並ぶ中 冷たい風雨が続く季節、 これが ニュージーランドの5月と言えよう。
私のビジネスも 地震のせいもあって 氷河期に入り 私は久しぶりに”自分の時間”を ゲットした。

車の後ろにマットレスと寝袋 そして飯盒炊爨用キャンピング用品一式を放り込めば それで私の”住処”が出来て どこでも 寝起きして飯が食える。

昔 犬を持っていた時は 森の中でもどこでも 寝起きしていたが・・・ 犬も死に 一人になってからは やはり モーターキャンプに寝泊りする事にしている。

大きな町の近くのモーターキャンプは避ける。 無人モーターキャンプが山の中には時々ある。 一応 トイレも電気も水もある。 ネットはない・・・ が なんでもかんでも欲張ってはいけない。

田舎の道路脇に教会があって そこに公衆トイレがあるので車を止めた。 初冬で冷たい雨の降る中 下を向いて枯葉のたんまり重なる上を歩いていたら・・・あれ!
栗?
ん?
栗だ〜! 上を向いて 栗の木か〜? これは・・? と思ったが スッカリ真っ裸になった木は 栗の木とも 何とも言いがたい タダの真っ裸の木だった・・・。
しかし! あるある! 栗が転がってる。 

まだイガの中に入り込んでいる栗もある。 足で踏んずけて・・ いて! いて! と言いつつ 栗に熱中していたら 突然後ろから声をかけられて 飛び上がった!
人っ子一人いない この環境で 人が突然現れるとこうもビックリするものなのか・・。

背の高いおじいちゃんが でっかい犬と散歩をしていたのだ・・ スタスタと寄って来た犬は しばらく私によしよししてもらった・・。 

おじいちゃんは 「栗はどうやってたべるんだ〜? 僕んちの栗は18年経ってやっと実をつけたんだよ〜! 18年前に2本うえたんだ。 僕はイギリスから来たから 食べ方をよく知らないんだよ〜」 とくっちゃべっている。

ローストすればいいって聞いたけど? とおじいちゃんは言う。 私は ダメ! ダメ! ローストするのに オーブンに入れると爆発するよ! って言ったら・・・。
うん! 切り目とか 穴とか空けてローストするんだって言われたけどね。 と言いつつ 笑ってた。

ゆでた方が簡単だよ。 っておしえてあげた。 犬ちゃんの散歩の続きでおじいちゃんも去ってから 私はビニール袋を車から取ってきて本格的に栗拾いをした。

モーターキャンプで茹でて 水を棄て少し炒ったら 香ばしくて ローストしたような感じだった。 

甘〜〜!! 

やっぱ天然は うま〜〜! 

前歯でぱくっと割ってその後 前歯でしごくように中身を出して食べる。 アッと言う間に半分平らげた。






★ニュージーランドを安く回る方法
つまり お金持ち向けではなく 貧乏人向けアドバイス。 
そして これは時間がある人 つまり旅人 つまり 一ヶ月以上の時間が ニュージーランドで持てる人向

★車 キャンピングカーは高い!キャンピングカーってのは金持ち向けであって 貧乏人向けではない。
 
・六ヶ月以上ニュージーランドにいる人は 2千ドル(日本円で約12万)の車を買うのを 勧める。 

ニュージーランドを出る時に売れば 半分は戻って来る。 ラッキーなら 買った時より高く売れる。

・一ヶ月ぐらいなら レンタカーをお勧め。 一日千円ちょっとで借りられると思う。ハッチバックで後ろの座席が倒せて寝れるのがベスト! 宿代が浮く。 二人は寝れる


★必需品 寝袋、バーナー(キャンプ用)他ゴマゴマしたのは 百均のような安い所がニュージーランドにもあるので そろえる(皿、ナイフフォーク、なべ、フライパン、カップ、タオル、調味料類は全部 ちょっとづつ小さいプラスティックの容器に入れると便利、他ゴマゴマしたものは安もんで十分!)



モーターキャンプ料金は1泊6百円から千円。 でも 毎日モーターキャンプに泊まる必要もないかも・・? 車の中で寝泊りできれば もっと安くつく。 2〜3日に一回 充電の為、シャワーの為にモーターキャンプを利用する人も多い。





↓のようなボタンがあったら とりあえず グリーンのボタンを押すと 電気がONになる。タイマーなので ONの時間帯がセットされている。 これは 30分だが・・・そのタイマーによってセットされている時間がマチマチ。 大体30分から 2時間が普通。






↓のようにスイッチがあったら とりあえずONにして置く。 ってか どっちがONかわからない時は 両方をトライしてみる。




Cooker つまり料理をするレンジとオーブンが一緒になっている奴が どうしてもONにならなかったら Cookerのスイッチ(普通Cookerのあるすぐ前か横の壁にスイッチがある)が切ってある時があるので・・ 下に下げてみる。 ニュージーランドでは 普通下に下げるのがONで 上げるのがOff。

と ま〜 貧乏人の使う設備は むやみやたらに電気を使われたら困るので色んな所に制御装置があるので めげずに頑張ると 絶対電気ゲットが可能! 


★私がいつも 忘れずに持って行った方がいいな〜 と思うのは・・
・キャンプ用ヘッドライト(手に持たずにライトが照らせるので便利) 夜本を読むのにも便利。 車の天井につるせば 部屋の電気にもなるので便利。
・どこでも買える単三電池 私事で申し訳ないんですが・・・ 私は全ての器具は2種類の電池でまかなう事にしたるので その電池。(デジタルカメラ・ライト・携帯ラジオ)


・裁縫道具 あると凄く便利! 色々ほころびたりするし・・・ 小さい布を縫って袋にも出来るし・・・。 頑丈な糸を持っていれば バッグの修理も出来たりしちゃう!

・ゴムぞうり ちゃんとしたウォーキングシューズがあれば トレッキングシューズも不要だし・・・日常の生活も一足で済む。 が! キャンプする時は シャワーに行ったり トイレに行ったりするとき 一々靴を履くのは 物凄く不便。 シャワーでは足が濡れるし・・。 って事で ゴムぞうりは絶対必要! ↓は 安売り子供用で180円也。 ややもすると これを一日中 夜昼履きっぱなしになるあたし・・・。




小さな村の簡素な家の垣根(英国の館にある庭士が作ったのではないのだ)



羊の囲いフェンスのポールが残ったので ちょっと遊んでみました・・・ってな感じかな・・?


近づいてよくみると けっこうよく作ってあるのだ・・・。



小さな村の人々が冠婚葬祭をやる所


こじんまりとして 美しい


窓一つ一つが重厚に作ってある。



モーターキャンプにあったキッチン・・・ずっと 私がいる間ひとっこ一人こなくて 独占状態


電気さえあれば PCすら出来る! ネットは普通あるけど・・・ ここは山過ぎるのでない・・・。 ま いいか! 手持ちの映画を沢山観れたから・・。



ちゃんとレンジもオーブンもあるのだ〜!



モーターキャンプで ”PowerSite”だったら 自分の車に電気が取れるコード


ここから トレッキングコースに沢山侵入できる。 以前行った所にあった 引退したHutt(山小屋)以前行った時は真新しいHuttになっていた・・・。


1910年から2006年まで活躍したんだから 相当長い間頑張ったんだな〜〜・・。


Huttの中の様子 一つ一つの備品が興味深い



ドラム缶で作られた犬小屋。 入り口が狭いけど犬ってけっこう起用に狭い所をくぐれるから これでOKなんだろうな〜〜・・。




ここのモーターキャンプ シャワーが4分で50セント、けっして高くはない・・4分で30円なんだから え〜〜ぃ! 300円 つまり40分! としても 高くはないし・・・40分もシャワーを浴びれるなら・・・のんびりと 浴びられるのでは・・?




が! そうではないのだ・・・ 私は カチ カチ カチ・・・ と 時間が経つ度に 50セントコインが ポトッと落ちて 又 カチ カチ カチ・・・ と・・・ ってのが やのだ・・・。

時間に追われて シャワーなんぞ浴びたくないのだ・・・。
それに モーターキャンプのバスルームは外の掘っ立て小屋だから も〜外の吹さらしの風の中でシャワーしているのと変わりはない・・・。だから寒いのだ。

でだ! あたしゃ〜考えた。 

自分が入れるくらいの入れ物を買って来てそれに入って湯を浴びればいい・・。 が・・・ この寒さでは 湯はすぐ冷める

幸運な事に洗面所の横にWashTubがある。 この蛇口からは温度70度から80度のあつ〜〜い! 湯が出る。 このあつ〜〜い湯を もう一つのプラスティックの入れ物にたんまり入れて それを加えつつ 熱い湯に浸かっていれば・・きっと 熱い湯を楽しめるだろう・・・。

早速 近くの町まで 自分が入れるくらいの入れ物ゲット作戦。 近くの町は40km離れているけど・・・ ぼけ〜〜と ま〜〜〜っすぐな道で 対向車も後部あおり車も絶対来ない道路を 走っていると すぐ付いた。 ま〜 気が付いたら 時速140kmで走ってたんだけど・・・。

早速湯をはって 入る。 が やっぱ 小さいから 肩が浸からない・・ けど ずずずっと・・・ずれて 肩を無理やり入れると膝小僧が出る。 が ま〜いい とりあえず いわしの缶詰のいわしになった気分ではあるが・・・ 暖かい・・・ やったね!

取っ手付500mlメジャーカップも購入! これで 湯を体にもかけるし シャンプーとリンスの濯ぎで頭にも湯がかけられる。

いい感じ・・・ ちょっと早いけど・・・ 午後5時頃に風呂作戦開始。 だって 明るい内の方が何かと便利・・・ と スッカリ茹であがり 久しぶりのシャンプーの匂いに満足しつつ 外に出ると 真っ暗! あたしの車はどこ? と 目の前にあるのにもかかわらず・・ 目を凝らしてやっと見える。

上をみると なんと! 星が降るようにとは この事? 星はマタタクってこの事? といえるくらいに 輝いていた。 この調子だと 流れ星もたっくさん見れるな〜・・・と思ったが・・山のいてつく寒さは 風呂上りには禁物。

タップリ 一時間はシャワールームで パシャパシャしてたらしい・・・。

早く飯食って寝ないと! と言うのも 昨日は 6時半には飯を食って 7時頃には 何もする事もないから ねるべ〜 と 寝袋に入ったら・・・ 手足がぬく〜〜くなって・・・その後すぐ記憶がないから 遅くとも8時頃には寝てもうたのだ。

で目が覚めたのが 6時半頃だから 10時間ぐらい寝てた・・・。 5時間寝たら もう寝れないのが 何年も続いて “ま〜 年寄りだから仕方がないか〜” って諦めてたけど・・・。 

寝れる時は 寝れるもんだ〜! と ビックリ仰天。
今夜も な〜んもする事ないから もう寝るべ~と思う。 だけど あれから飯を作って 食ったら もうすぐ 9時になろうとしてる・・・。

今日やった事といえば・・・ 風呂に入るから 町まで入れ物を買いに・・・ と出かけて 風呂に入っただけなのに・・他はなんもしてないのに・・・なんで こうも時間が早く過ぎるのだろう・・・?

今夜も誰も泊まらないモーターキャンプを独り占めして・・・ おやすみなさい・・・。 






  1. 2011/05/30(月) 19:58:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

嘆くエネルギーがあれば あがいてみた方がいいかも・・・?



今日車検を取りに車修理場に行ったら 壁にこれがかかっていた。
「これ いいな! 気に入った!」 
って私が言ったら 

横にいたパンクのおにいちゃん(白に染めたトサカの先を又 ピンクに染めていた)も 
「うん! いいね〜!」
って ニコってしてくれた。

地震はどうだった?
って訊いたら うん 家族も友達もみんな無事さ!
家を失った人もいるけどね・・・。

日本の地震はどうなの?
大丈夫なの?
って パンクのおにいちゃんは みかけによらず すごくやさしかった。

そのうえ・・・・修理工のおっちゃんが・・
「その絵気にいったのか〜? もう一つその絵あるから あげるよ〜」
と言ったと思ったら 奥からもう一つの額入り絵を 私に手渡してくれた・・・。

うふっ!
この世もすてたもんじゃ〜 ないな〜〜・・。

地震で も〜 この世も終わりだ〜〜・・・ もう生きて行けない〜〜・・・ と
思ったら ダメ!

最後の最後まで 諦めたらダメ!

理屈なしで 頑張らねば・・・。
  1. 2011/05/20(金) 22:45:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クライストチャーチにも秋

あわただしい いつもの午後だったけど・・・
洗濯物を干していたら 空が あまりにも青く 澄んで 高く・・・
スッカリ忘れてた〜〜 世の中は 秋なんだ〜〜・・。

こりゃ〜 どっか 秋を楽しみにいかにゃ〜〜・・。
って事で 庭掃除に余念のない作業服の夫を無理やり ビーチに引きずっていった。





凧が 空を泳いでるってのはこの事だな〜〜・・・。



凧のカップル



もう一人のおじちゃんが いよいよ 又 凧を揚げるぞ〜〜・・・!







えれ〜スタイルのいいお兄さん。 自分をキツク抱いていた・・・。

























後ろを向いた この瞬間の後 私が彼の写真を撮っているのを 
見つかってしまった・・。
が・・! 
彼 私に ニコリ! すばらしい笑顔を送ってくれた。



















海に突き出た ピア。 この先っぽでは わたり蟹が釣れる。
見つかったら 罰金だけど・・・。





秋の雲は いつもより きれい・・・。




  1. 2011/05/16(月) 14:39:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ