ニュージーランドでの生活

クライストチャーチ(南極に行く船が最後に給油する地、ニュージーランド)に永住。 日常を書く

ちんたら 日本旅3




久しぶりの実家。
で ふと目に付いたのが この茶箱。
昔はお茶を入れていたのだ。 湿気もないし・・・ 蓋もシッカリしているので 保存には 持ってこいの器だ。

私が10歳の時 最初に引っ越した時の引越し先の住所が いまだにクッキリと残っている。梱包にも使用された入れ物だった。

大きさは 大人の死体が一体 座棺のようにして入る大きさ。
今は お米の貯蔵に使われている。 ネズミが入らなくて 完璧なんだとさ!

そして 私が生まれた時には あったので 60年以上 もしかしたら 100年ぐらいは経っているかも・・?


久しぶりのかき氷〜! 甘くてうまかった〜! ってか 昔からのかき氷ではなく どっちかといえば シャーベット? しかし 抹茶と小豆のこんぴは 絶妙ですわ〜


母のお供で 1時間ぐらい ドライブした所の 小都市に行った! 高速道路のインターチェンジで降りて・・何車線もの道路に入る所なんぞ・・ ど田舎の町から来たばっかりの私に とっては 都会〜! と 叫んだが・・。

ひっそり・・。雨の日だから・・? それとも週末ではないから・・? それにしても シャッターが下りている所ばかり・・。 お店の人に訊いたら・・店じまいの所が最近多いんですよ〜〜。との事。 不景気の波はここにも・・・。


たま〜に開いてる店は むか〜しから 商売をしている所 もしくは 最近若者が始めた店だけ・・。

この店は 明治40年から・・ ほえ〜! 1907年から? 100年以上たってるべ〜〜! ちなみに中に入ってみたけど・・ ちゃんとやってた!


Londonで言えば Harrods、 クライストチャーチといえば Ballentynes, ここ都城と言えばDaimaru! しかし ここも潰れたとの事・・・。 またまた ほえ〜〜!


あちこちが 人の手が入らなくなってきて・・ 朽ちて来ている・・。 つまりメンテナンスの費用はない・・。 人工的な物は 確実に朽ちて 汚くなる・・。

が! 自然の物は 鮮やかに 活き活きしていて 対照的だった・・。


美しい〜! 倉を見つけた・・ 寂れた町の中にすっくと立っていた・・・。
なんか 戦後 東京中丸焼けのなか お倉だけが すっくと残っていたとの事・・。 地震にも 火災にも びくともしない そして 不況にも強い ”倉” って 偉いんだな〜〜・・。
  1. 2012/06/29(金) 01:05:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ちんたら 日本旅 2

87歳になる 私の母親の洗濯物を干そう・・・と 思いきや・・・
む・む・・・?! これはなに・・?

そうとう あやしい・・・。 ちょっとビビル・・。



ちょっと びびりつつも 顔を近づける・・。
なんか げげ! ってな感じ・・。 どうも なんかのミイラのような・・?

今度は鼻を近づけて においを・・・”お〜〜! 切干大根”

↑母親がのたまった・・・。
「たっくさん 切干大根を作ったの・・・。
「でも 毎日洗濯物を干す時に ちょっとづつ噛んでたら ちょっとづつなくなって あれだけになってしまったの・・。」

おいおい! 切り干し大根って そういう食い方するんか〜?


この牛は 生後八ヶ月に119万円で競り落とされた子牛を生んだ 母牛。

角の具合を つばきを飛ばしつつ話す 81歳の叔父
彼人生は 優秀牛を作り出す事に命をかけてきた男。

角の形は まるで歯の強制のように 丹念に 慎重に角度や曲がり方を調整しつつ 整えるのだそうな・・。
なるほど うつくし〜〜!! 

彼と彼の奥さんが 守り続けてきた ひろ〜〜い 田畑に 彼のトラックに揺られながらやってきた。

立派な白菜


「のいこちゃん この白菜はな〜〜 虫が毒見をしてくれてるからな〜〜 安心して食えるよ〜。」 然り!


こいつ 男らしい 男とは このこと!
年寄りとは思えん すばやい動き そして 35KGの米袋を軽々と持ち 私の車の後ろに放り込んだ!

トラックは バンバン飛ばす。
も〜 年寄りは3年毎に免許証を更新せんなならんのよ〜! と言いつつ
「俺は運転はいつも 優秀といわれるよ〜!!」 と自慢した。
狭い路地でも 他の車にバンバン道を譲り 自分がバックして向かってくる車を ドンドン誘導する。

あんた ホントに81歳?!って訊いたら 帽子を取って 
「ホレ! 真っ白!」といいつつ・・・
「ホントはね いつか頭に霜がおりてね〜 それっきり 真っ白」
と 私を ひっきりなしに 笑わせてくれる・・。


鹿児島弁で”どっこいしょ”と言う代わりに
”あ〜いたよ〜” と言う。

この叔父さん・・・
「やっぱ もう 叔父さんも年寄りでね〜〜 朝から晩まで ”あ〜いたよ〜”ばっかり 言ってるよ〜。」

「うちのかあちゃんと ま〜いにち一緒にいるのに・・
まるで 10年も会ってなかったように ”逢〜いたいよ〜 逢〜いたいよ〜”って 言ってるよ〜! わっはっは〜!」

と ま〜 すてきな Jokeを バンバン飛ばす 叔父さんです。


↓叔父さんの自慢の米蔵。

↑見よ! このはしごを・・!
こんなシロモノ そう簡単にお目にかかった事はない。
多分 半世紀以上は使用してると思う・・。
手で持つところは 黒光がしてるし・・。

彼の住む家は彼が19歳の時に建てたのだそうな・・。
つまり 築62年。
柱も天井も床もすべて重厚な板でできている。
「戦後でね〜 な〜んも手にはいらん 時代でね〜。
店に行っても 釘も手に入らんのよ〜〜。 店の人が ”ない!” っていうだけで・・。」

「じゃがね〜〜 米とか 野菜とか リヤカーにたっぷり積んで 又 店に行くと ”裏にまわれ!” といわれる。 そこには どっさり釘があってね〜〜」

といいつつ わっはっは〜!! と高らかに笑う叔父。


↓地元の人達が持ち寄って 地元で取れる物を売ってる店があった。

↑ちゃ〜〜んと 生産者名が いちいち入っているのが うれしい。
どれを手にとってみても 生産者名が入ってる。
なんだか 隣のおばちゃんとかが 「たくさん獲れたから もってきな」って言ってるようだった・・・。

↓これは 普通のたけのことは違う種類のたけのこ?

↑だけど このたけのこ 私が小さい頃 我が家の庭にたくさん にょきにょきでてて・・ 昼時になると 母が 「ちょっと2・3本採ってきて」 と言うから 引っこ抜いてくると それが 味噌汁の具になっているのが 常だった。

今日も私が購入して持ち帰ると 母親が興奮して 味噌汁の具にしていた。
なんども 「懐かしいね〜!」 を繰り返していた。
いつもは 87歳のばあさんなのに・・ 味噌汁を作る様は 35歳ぐらいに見えたな〜〜!


↓今日も回転寿司。 が! この”あじ握り”を 食ったら (一口では無理!)む・む! うま〜!


実家の隣の家 多分 築80年は経ってる・・ と思う。
だけど この植物の生え方は やっぱ 亜熱帯地方って感じだな〜〜・・。
  1. 2012/06/19(火) 10:34:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

ちんたら 日本旅

日本について すぐ トイレに入って なんか びっくり!!

There's NO!! flash handle Japanese toilet in Japan!!
But don't panic, just put your hand to this machine close.
Then water start flashing.


Don't worry too much if you saw these buttons.
They are working, but I advice you not to challenge them.


when you saw this traditional Japanese toilet, even don't think about how to use.


子供の頃によく食べた 金柑!! (きんかん)
柑橘類でも 一番香り高い と 私は思っている。
私の実家の庭に びっしりなっていた。


こんなにどっさり 収穫! で 砂糖で煮て 裏ごししたら ウマ!! って言う 香り高いジャムができたわさ〜〜。


これは 普通の回転寿司ではないのだ〜〜!
まるで カウンターですし屋さんに頼むように 頼むと 特別の船のようなもんが すい〜!! っとやってきて 自分達の所で ぴたっ!! と止まる!
あめ〜〜じんぐ〜〜!


まるで スマホのタッチ画面のように ピッ ピッ! といわせながら ドンドン自分の食べたい寿司を 頼んでゆく〜〜! 指を広げて 画面を拡大はできませんので ご注意!!


まるで 小さい宇宙船が 回っているようだ〜〜!


最後のお支払いも 電算機で バンバン計算してくれる。


食べて空になった皿を5枚で 一回遊べる。 一回あたり〜! がでて 2回 外れた・・ おもろかった〜〜! 当たった賞品は・・? なんだっけ・・? なんか ちっこいおもちゃだったような・・・ そんな事はどうでもいいのだ〜〜! とりあえず 当たれば すんごく うれしいのだ〜〜ww


やっぱ はずれると けっこう 悲しい・・・。


死ぬ時は ”天国さんに” 電話してください。


鹿児島で ものすごくうまい刺身といえば これ〜〜!!! きびなご。
昔から 指ですいすいとさばくのが うまかった 私!
今日も まるで 熟練主婦のように さばいたぜ! 
で 甘エビのように 甘かった!! 腹がくちくなってばっかりの 今日この頃・・・。
  1. 2012/06/16(土) 01:44:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
次のページ