ニュージーランドでの生活

クライストチャーチ(南極に行く船が最後に給油する地、ニュージーランド)に永住。 日常を書く

フランス風 郵便局 ベトナム


汗ダラダラで 亜熱帯気候の それも アジア人の国の中に このヨーロッパ風の建物があるのが とても不思議に思う・・・。

この国が フランス領であったのを 目の当りにする・・。


そして この郵便局を使用しているのは ほとんどアジア人である。
この老人は 手前にいる女の人の言葉を聞きつつ 代筆していた。

つまり この老人は デスクの上に何冊もの辞書やら 本やら乗せて 代筆業をやっている風である。

文字を書けない 読めない人も いる社会なんだな〜〜 と思った次第だ・・。


なんと! ま〜! 美しい電話ボックスであろうか・・。 昔の映画で見た物そのものだな〜〜・・ 今でも中に電話があって・・・ 使われている。 

でも 全部が作動しているのではなく 一つ 二つだけだ・・。 やはり携帯電話の普及で 公衆電話の需要はあまりないようだ・・。
  1. 2013/10/19(土) 01:29:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<フランス風 大聖堂 ベトナム | ホーム | 戦争博物館 ベトナム>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する