ニュージーランドでの生活

クライストチャーチ(南極に行く船が最後に給油する地、ニュージーランド)に永住。 日常を書く

戦争博物館 ベトナム



ベトナムはいいよ〜! フォーはうまいよ〜! 東海岸の海は海の幸が 美味くて 腹いっぱいだべても やすいよ〜〜・・! と そんな事ばかりが頭にはいり そればっか考えて・・。

でも ホーチミン市で ちょっとは観光を・・・ と言うことで・・ ベトナム戦争博物館へ・・。

ま〜 私が若い頃 そ〜言えば・・やってたな〜〜・・。 それだけの事で あまり考えてない 私・・。 

目の当りに現実にあった写真ばかりを見ていると・・・なんか心臓がドキドキしてくる・・。

ものものしい 戦闘機・・戦車・・そして 化学兵器に犯された人々の奇形の子供達は今もたくさん存在しているのだ・・。 その博物館にも数人来ていた・・。

村の子供達のバラバラになた死体を 銃にぶら下げて集めているアメリカ兵。 

おびただしい 村人の死体が掘った穴の溝に重なっている。

村人は 女であろうと子供であろうと・・ とりあえず 皆殺しにされた・・。 

私が先日までいた あの漁村の辺りの人達なんか みんな 虫けらみたいに殺されたんだろうな〜・・ と 思わずには居られなかった・・。

焼けただれて グチェグチャになた死体。 化学兵器で汚染された村人が産んだ子供達の奇形。 

ホルマリン漬けのおぞましい程に奇形になっている胎児達・・。

反戦の為首相官邸前で焼身自殺をした日本人の記録。 日本政府もベトナム戦争に加担し・・又多くの人々が反戦運動をした記録。

それらは すべて 私が生きていた ついこの前に行われていたのだ・・。







大聖堂のゲートの入口に奇形の手を持った大人の人が “Help Us”と言ってお金を集めている・・。 枯葉剤の被害者が今もなおたくさんいるのだ。

悲惨な戦争があったのに 自分は何もできなかった・・。 反戦運動すらしなかった・・。 戦争は何があってもしてはいけない事だとあらためて思う。

  1. 2013/10/19(土) 01:42:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<フランス風 郵便局 ベトナム | ホーム | 首相官邸 ベトナム>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する