ニュージーランドでの生活

クライストチャーチ(南極に行く船が最後に給油する地、ニュージーランド)に永住。 日常を書く

街を歩けば・・・ フィリピン


スラムがあって・・・ 向こうには 高層ビルがある・・ 貧富の差は 半端ではない・・。


有名でもなんでもない教会に出会う。 しかし! その教会のデカイ事!

そして わんさか! わんさか! と たぶん 千人ぐらいはいただろうか・・? 教会の中で行われている礼拝に参加の為に集まって・・ でもはみ出ている人は 教会の外のあちこちで 自分なりの礼拝をおこなっている・・。

なんか 新興宗教の敷地に入り込んだ気分である。 いまどき こんなに熱心に 陶酔するうように礼拝をする人種がいるのだろうか・・? と思える程・・。

スペイン領であったこの国は まるで ここは スペイン? と思える程の 熱狂的なクリスチャンが多い。

小さいロウソクが でっかい箱にわんさかある。 みんなこれを ロウソク立に火をつけて並べる。

そして 目を閉じて 胸で十字を切って・・ そして 口でなんか ブツブツと言ってるように・・ お祈りをしている。

そのお祈りの長い事 長い事・・・ 何を そんなに祈っているのだろうか・・?

私も 献金箱にお金を入れて ロウソクに火を灯し・・・ そこまでは みんなと 一緒だけど・・ その後は偽信者と思われないように・・・ 神妙に頭を垂れ・・・ 上目使いで あたりの人達を観察してしまった・・。

神様ごめんなさい・・・。


ちょうど私が通りかかった時に 学校の下校時間だった。 たぶんここで こんなにきれいな制服を着て学べる子供達は 裕福な子供達だけであろう・・。

この子達が乗っているのは Tricycle. これは バイクに客が乗っているのが着いているが・・ ほとんどは自転車が多い。 それも観光客相手が多い。

なのに! ここでは 下校客目当てに何十台もの Tricycleが学校の前に停まっていた・・。 子供達もこれを利用するらしい・・。


ぴよ!ぴよ!のやかましい程の声の方に行ってみると・・。 


痛ましい・・ これは虐待に匹敵すると思うけど・・。 


やはり 東南アジアと言う所は 道端で真剣にゲームに没頭できる所らしい・・。


スラム街。 真昼間でも 普通の雑貨屋なのに・・いや 雑貨屋ではないのかも・・? こんなに厳重に金網が張り巡らされているのは・・。 

もしかして金貸し? もしかして・・? なんか 怪しい・・・。


ジープ。 これが街の中を縦横無人に走りまわっている。 これを乗りこなすには やっぱ たくさんの経験が必要。

つまり バス路線図がある訳でなし・・ バス停がある訳でなし・・ とりあえず 知らないと乗れない代物。

我々は 取りあえず人が乗っていたら一緒に飛び乗る。 そこから始まって・・ で ○○まで行く?ってのを 回りの人に訊くと・・・ あ〜ダメダメ! これは 違う! って言われたら・・ 慌てて降りる。 その場合 お金は払わない。

で 行くよ! と言われたら お金はいくら? と訊くと みんな知ってる。 ものすごく安い。 いくらぐらいだったか 忘れたけど・・ たぶん 10円とか 20円の単位だったと思う。

小銭の用意をお忘れなく。

もし 目的地に行くには 何回かバスを乗り継ぎしなければならない場合は 誰かしらが教えてくれる。

ここで 降りろ! あっちで降りろ! で 一緒に俺が 次のバス乗り場まで行ってあげる! といいつつ 次のバスに乗せてくれる人までも現れる。

けっこう 親切な人が多いのが フィリピンなのである・・。


ジープの中は 熱風が吹いているが・・ ガンガン立て込んできて・・ みんな座らないと・・・ とりあえず小さい! 狭い! ってのが このジープの中。

客が目いっぱい入ってても 運転手が ガンガン止めて ガンガン人を乗せる。

じゃ〜 どうやって金を払うか?と言うと 入口が車の後部なので そこにいる人は 前方の運転手の近くにいる人まで 客の手渡りを何回か経て運転手に渡す。 渡す時は 運転手は前を見ているので 運転手の体に触れる事によって 運転手は金が来たのを知り・・・ 彼の手が出てきて それに金を乗せる。

運転手は 終始前を見たまま。

運転手が金を受け取る瞬間に金を支払った客が 何やら” どこどこまで!” と言うのを叫ぶ。 そしたら それに見合った料金を運転手が取って おつりを渡す。

そしたら その釣銭がまた みんなの手を経て 支払客に戻る。 と言うシステム。

運転手の真後ろに座ってしまった・・ 夫は ガンガンと客全員の料金が回って来るのに ボサ〜!として 私が ホレ! 金受け取れ! ホレ!運転手の肩を叩かないと永久に金支払はできね〜べ〜〜! 

ホレ! 運転手が釣銭だしてるべ〜! と 一々言わないと・・ ジープに乗れた! と言う興奮で 一人で喜んでばかりだ・・。


乗せれば 乗せる程収入が入るって事で もう客の座る隙間もないよ〜! と思っても にいちゃん止めて 客を乗せる。

客も又 その方向に今行きたい! と言うことで乗り込んで来る。 も〜みんな半ケツ座り状態で イワシの缶詰のイワシになった自分・・。

このおにいちゃんは ラップの音楽が好きらしい・・。 ヤンキー車の重低音の効いた音楽が炸裂していた。


熱射病になるのでは・・ と思われる所で何かがうごめいている・・・。


近づいてみると・・・ みんな生きてるうさぎちゃん達だった・・。 おとなしく 小さな箱の中でうごめいていた・・。


駅構内で見かけた スイートの店。 どうみても食いたいとは思えなかった・・。


どこも かしこも グチャグチャのガチャガチャ・・ スッキリしている所は どこにもない・・。そして猛暑・・・。


芋の蒸かしたのはよくあるけど・・ バナナの蒸かしたのは・・ やっぱ甘いだろうな〜・・。 でも 私はやはり 切った フレッシュフルーツが 目いっぱい並んだ バイキングにはまってしまって・・ そっちばかりに行ってしまった・・。
  1. 2013/10/22(火) 07:46:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<逃げたバッパ フィリピン | ホーム | 出会い フィリピン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する