ニュージーランドでの生活

クライストチャーチ(南極に行く船が最後に給油する地、ニュージーランド)に永住。 日常を書く

素直に行こうよ 素直に・・・ パート2


つい最近まで いてくれた Kiwi House(宿)のヘルパー Y君。

私が重い荷物を3階まで運ぶのに・・・ 
「Y! ちょっと荷物 3階まで運んで!」 と言うと・・・。

「え〜〜! 俺 やだよ〜〜!」と言う・・・。
「つべこべ言わんと・・ ほれ〜! 立て〜!」

と やらせる・・・。

時々 他のヘルパーの人でも 
「俺もちましょうか・・?」 と言ってくれる人がいる。

でも その”もちましょうか?” と言ってくれた人が 時々その後 報酬は何? 宿代 ただ? とか 

この宿のやり方とか・・ これは 辞めたほうが・・ とか なんか 色々経営方針まで 言ってくる人がいる。 25歳ぐらいの年齢で・・。

あんたが 生まれた頃には あたしこのビジネス初めてたんだけど・・。

って言いたいけど・・ ぐっと我慢する・・。

”もちましょうか?” とか ”ちょっと運びましょうか?” といわれて
”あら そう? ありがとう” といえる人と 言えない人がいる・・。

基本的は 私は ”いえ自分でできるので 大丈夫よ” と言う。

その方が あと腐れがない・・。

20年前は そうではなかった・・。
言葉のとおり 感謝して ありがとう! と言って 手伝って貰う・・。

が! その後 色んな事を耳にした・・。

「あのオーナー 人をただでよく使うよな〜〜」
「金払わないで 働くのばからしくね〜? お前」 と他の人達に言っている・・。

話を Y君にもどそ〜。

彼に どんなに 仕事を頼んでも あとくされがない。
彼の気持ちには せこい取引感覚がないのだ・・。

7ヶ月も侵食を共にすれば 彼が どんな人間が よく見えてくる。

駆け引き とか 損得とか・・ その辺が まったくないのだ・・。

私自身 60年以上生きてきて・・ 骨身を惜しまずする事は 結局は 自分の人生の肥やしになって 自分の為にいい と言うのを 身にに染みて感じる・・。

Y君は その辺の事を考えてやってるというより・・ せこい損得勘定が元からない・・ つまり そんなせこさのスケールでは生きていないような気がする・・。

日常のすべった 転んだの世界には あまり関心がない・・。 すべては宇宙スケールだから せこい所で 計算しても仕方がない・・ と 思っているようにも見える。

だから 私にも 「え〜! 嫌だ〜! 俺・・」 と平気で・・ そして 本気で言える。と いいつつも いつもやってくれる。


彼にとっては あとくされは まったくない・・。

私には それが よく見える。
  1. 2013/11/12(火) 07:14:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<素直に行こうよ 素直に・・・ | ホーム |

コメント

素敵なブログ読ませていただきました!
僕もNZに3年いて、日本に帰国したばかりでしたが、こんなオーナーの所で働きたかったな。と思えるような内容でした◎

クライストチャーチ行ってみたかったです!!
  1. 2013/12/18(水) 00:36:55 |
  2. URL |
  3. aki #uFG0aWeM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する